Suica ApplePay

よくあるご質問

東日本旅客鉄道株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 877
  • 公開日時 : 2017/01/20 00:00
  • 更新日時 : 2017/05/10 13:09
  • 印刷

Apple Pay(Wallet)に設定したクレジットカードでSuicaにチャージしようとしてできませんでしたが、カードの利用明細には金額が載っています。どうしたらいいでしょうか。

回答

Suicaの新規発行や入金(チャージ)でApple Payのクレジットカード決済を選び、最終的に操作が失敗・未完了となった場合、当該代金が請求・引落しされることはありませんので、ご安心ください。
 
このケースでは、決済を試みたApple Payのクレジットカードに「JR東日本●●●円」と表示され、又クレジットカード発行会社によっては一旦当該クレジットカードのご利用明細・請求明細に同様の表記がされる場合もありますが、Suicaの新規発行や入金(チャージ)が完了しご指定の金額がSuicaのSF(電子マネー)に反映されていない限り、お客さまに当該金額が請求されることはありません
 
これは、クレジットカード決済を試みた(完了しない)段階で、Apple Payの仕組みにより一旦「利用」の履歴が記録されるもので、端末上の記載はそのまま残っても、請求・引落しにはならないよう後日修正されます。クレジットカードのご利用明細・請求明細についても同様です。
 
JR東日本では、Apple Payでの決済に関して調査・修正等が承れませんので、ご心配な場合のご相談・ご確認はApple Care又は各クレジットカード会社へお願いいたします。
 
なお、チャージ操作の際に端末や通信の状態が良好でないと、操作とクレジットカード決済が完了しても、当該金額がSF残額に反映されない場合があります。一旦SuicaアプリケーションやWalletをリフレッシュし、電源のOFF/ONを行っていただけば、(操作が完了している場合には)正しいSF残額が表示されます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます