Suica ApplePay

よくあるご質問

東日本旅客鉄道株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 922
  • 公開日時 : 2017/01/24 00:00
  • 更新日時 : 2017/04/14 13:48
  • 印刷

カードを削除、カードの払戻し、退会はそれぞれどう違うのでしょうか。

回答

iPhoneやApple WatchでSuicaをご利用いただく際、用語の定義(及び操作方法)は以下の通りとなります。
 
カードを削除・・・Apple Pay(Wallet)に設定したSuicaを、サーバに退避させること
 
(iPhoneでの操作)
Walletを開き、設定されたSuicaを選択→画面右下の i マーク→情報タブ内「カードを削除」
 
(Apple Watchでの操作)
Walletを開き、設定されたSuicaを選択→カード面を長押し→「カードを削除」
 
これにより、端末上のSuicaはiCloudを通じて、サーバに退避されます。サーバに退避したSuicaを端末に戻す(Suicaを使用できる状態にする)には、同じApple IDでサインインした状態で「カードを再度追加する」操作を行います。
 
カードの払戻し・・・Apple Pay(Wallet)に設定したSuicaを、払いもどし(完全に削除)すること
 
iPhone上のSuicaもApple Watch上のSuicaも、払戻しの操作はiPhoneでSuicaアプリケーションにより行います。なお、払戻しを行うためには、Suicaアプリケーションへの会員登録が必須です。
 
Suicaアプリケーションを開きログイン→「Suica一覧」画面で払い戻したいSuicaを選択→画面下部の「チケット購入・Suica管理」ボタン→「このSuicaを払戻す」→手続き案内をお読みいただき「同意する」→払戻額を確認の上「次へ」→振込先金融機関の登録→払戻額と振込先金融機関の確認後「Suicaを払戻す」
 
これにより、Apple Pay(Wallet)に設定されたSuicaを1枚ずつ払戻すことができます。サーバに退避されたSuicaを払戻すときは、一旦端末に「再度追加する」操作の後、上記手続きを行います。
 
退会・・・Apple Pay(Wallet)に設定及びサーバに退避した全てのSuicaを「払戻し」すること
 
同一iCloudアカウントにサインインされた全端末上及び退避された全てのSuicaについて「カードの払戻」を行うと、最後の1枚を払戻した時点で「退会」となり、会員情報は全て消去されます。
 
端末上にSuicaが1枚も設定されていないと、「Suicaがありません」と表示されますが、サーバに退避されたSuicaがある場合は、異なる氏名でのMy Suica(記名式)新規発行等ができません。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます