• No : 1399
  • 公開日時 : 2017/10/12 10:00
  • 更新日時 : 2017/11/13 08:54
  • 印刷

Apple PayのSuicaを利用するための通信環境は?

回答

Apple Payに設定されたSuicaを交通・ショッピングでご利用いただく際には、端末に電源さえ入っていれば問題ありません。
 
ただし、Suicaに入金(チャージ)したり、チケット(定期券・モバイルSuica特急券・グリーン券)を購入・払戻ししたり、会員登録・登録情報の修正等を行う際には、安定した通信環境が必要です。
 
■ iPhoneでSuicaをご利用の場合
 モバイルデータ通信又はWifi環境でインターネット通信できる状態であること。
 
■ Apple WatchでSuicaをご利用の場合
 ペアリングされたiPhoneとBluetooth接続されていることに加え、iPhoneが上記環境にあること。
 
通信環境の不安定な場所(※)での操作や通信の一時遮断等により、ご利用の操作が完了しない又は不具合が生じた場合に発生する不利益は、JR東日本では補償いたしません。
 
※ 駅を含む多くの公共施設では、現在多くのWifiサービスが提供され、意図せず端末がWifiに接続するため通信が途切れるという事象が発生します。入金(チャージ)やチケット購入等の操作時にこうしたトラブルを回避する方法としては、一時的にWifiをOFFにすることをお勧めします。
 
【Wifi通信をOFFにする手順】
① 設定アイコンをタップ
② Wi-Fiをタップ
③ Wi-FiをOFF(グレー)に変更
 
通信不良・遮断等による操作未了や遅延が発生しますと、予定していた列車や車両をご利用いただけないこともございますので、お手続きは通信環境のよい場所で早めにお済ませください。なお、端末の不具合等含め、発生した(操作未了や遅延による)損害の補償・払戻しはいたしません。